上を向いて!?

0

     常に上を向いてでしか生きられないヒトがいる。そんなヒトと関わっている。表現力はとても豊かで、指先だけで散髪したことを伝えてくれた。

     昔の写真を見せてもらったら、お家が畳だったことが解る。ベッドじゃなくて、布団で寝たり、畳の匂いを感じたり、寝返りは打てないけど、横になってもらってTVを観たり。。。それを望んでいるかは解らない。ただ、親御さんと過ごされた日々を再現できるのなら、在宅復帰は、関わる者の共通理解と、たった少しでいいので、僕も含めて「勇気」が必要である★ 

    イイ顔☆

    0

       今日はお昼から、とある方の息子様が入院されている病院へとお見舞い同行へ行って来ました!!久しく会う顔同士、見つめ合って、ハグし合って、お互い笑って、、、何とも言えない空気が流れました♪

       いつも一緒にはおれないけど、親子が滲み出て、そんな空間におらしてもらえたことがとても嬉しく、そしてご退院されたら、また在宅生活に戻れるような何かができれば良いのですが(^^)日々いろんなことを考えさせられます★

      祝!!

      0

         しゅく!!!!テッテレ〜♬です(^^)何と、今日で優人は設立10周年を迎えました☆彡思えば、25歳で立ち上げを決意★26歳から準備を始め、10年前の今日、晴れて設立と相成りました☆

         設立当初から皆さんのご支援・ご協力を賜り、紆余曲折ありましたが、ここまで続けてこれたことに、心より感謝申し上げます!!

        「想い」これが、設立より変わっていません!!カタチは少しずつ変わってきています。ただ「想い」だけは変わっていません)^o^(

         これからも何ができるかわからない、微力かもしれない、ただ、出逢った人たちがみんなhappyになれるよう、そして笑うことを忘れないよう、活動を続けていきたく思います!!

         皆さん、今後ともどうぞ宜しく申し上げます♪

        こども食堂で

        0

           こども一人一人のちょっとしたstoryが見えてきて、でもそんな事は我関せず!!といった具合に、ホント嬉しそうに、楽しそうに、そしておいしそうに食べてくれます♬

           storyを紐解いていくつもりはありません。ただ、いろんなそれぞれの家庭で築き上げてきた一番小さな社会だけでなく、外の世界におおいに触れることで、また違った空気を吸い、良い意味でも悪い意味でも違和感を覚え、そしていつまでも仲良く、いつまで経ってもあのときあそこでみんなとご飯を食べたのがとっても楽しかったから、また来たいな、また作りたいな、また遊びたいな、、、そんな想いを、大人になっても、ココロの片隅にあって、記憶として残っていたのなら、本望です(^^)

          賑!!

          0

             実にニギヤカでした【^^】第3回こども食堂☆彡我が家含めて約30名、これまでよりは最高の参加者数となり今日は、豚汁とおにぎりでした)^o^(

             

             今朝から準備をせっせかせっせか、今日のおにぎりでは、お米を2升5合炊きました♪さすがにちょっと余りましたが、それでも育ち盛りはたっくさん食べますね〜、ウチの子も豚汁4杯も食べたと嬉しそうに言ってくれてました(^^)

             おみかんの差し入れも頂き、ありがとうございました♬

             次回は12月1日(土)10:30〜、で、いつもより早い時間になってますのでご注意を☆彡

            同じなのに、違う

            0

               同じ空の下で生まれながら、違う環境に置かれ、育ち、どうもこうもいかない、身動きが取れない、背伸びできない、、、入って行く度に、いろんなお話を聞く度に、感じます。一番苦しいのは当事者と家族。僕達はあくまでサポート役。家族にはなれない。家族を代わってやることもできない。

               「今を幸せ」そう思っちゃいけない気もしました。ただ、家族じゃないけど、家族にはなれないけど、外にいるからこそできることが沢山あると思います。何が出来るかわからない。何年後かにその成果が現れるかもしれない。焦っちゃダメ。僕達の時間をかけた関わりは、あくまで本人さんのペースを大切にすることから始まります。

               素晴らしいアウトリートの結果、道が開けた方もいらっしゃいます。それも1年もかけて。それだけ、「業」じゃなく、ヒトに対する「想い」があるからこそ。人並み外れた努力と想いと、時には組織に反発してまでそれを成し遂げる感受性が無ければ、有り得ない事象です。そんな人達が沢山いることを知りました。

               優人には、優人がもうちょっと成長して大きくなるのには、その「想い」を胸に掲げるソフトが必要です♪大先輩が言います。共生共楽、今世の中に足りないのは、これだと確信しています☆彡

               

              年末まで!!

              0

                 やらなくちゃならんことが山程あります(><)月1回ですが、こども食堂の献立、日々支援でお邪魔している方への関わり方のお勉強、成年後見の研修、城陽福祉ふれあいまつりの準備、引きこもり支援の方が一堂に会する交流会出席、数名アポイントさせて頂いている方々とお会いする、とあるネットワークの忘年会、10周年記念の準備、などなど、盛りだくさん、、、果たして間に合うでしょうか!?頑張ります♥

                庭でツナガル

                0

                   以前関わった方から、庭の手入れ依頼が入りました❇でも草引きならまだしも、手入れとなるとやはりプロが必要!ということで、知り合いの庭師さんに取り次いでもらい、調整がつきました(^o^)サービスだけやなくって、こんなカタチでツナガルのはとても嬉しい🎵お世話になっている方には、社協さん、民生委員さん、パソコンのプロ、お医者、看護師さん、音楽療法士さん、栄養士さん、庭師さん、などなど優人を始めて繋がった方が沢山いらっしゃるので、お困りの事がありましたら、是非一度ご相談下さい🍀

                  今日もバタバタ★

                  0

                     いろんなところでご縁を感じ、そしてもう明日から11月に入ります★そんなご縁を日々感じながら、優人は何と10周年を迎えさせて頂きます!!今日もお電話でいろんな方と喋りました♪これからまた実際にお会いして、直面している問題を、優人で解決できたら、そんな想いであります♫

                     朝イチの支援から始まり、入院中の方の支援では、院内散歩へ出かけたり手足を温めたり、ゆったりとした時間が流れます!!夕方からは、これまた色々喋りながら夕食作り☆彡バタバタな中にも、沢山の時間を、ゆったり関われるのは、とても嬉しいです(^^)

                    0→1、1→2

                    0

                       どちらが難しいか、前者です。僕達は前者のやってきたことの続きをしている(1→2)に過ぎない。ただ、「想い」を以って。この点は、他に追随を許さない程、自負しています♫

                       何もない所から作り上げるのは、並大抵の努力ではいきません。やっとこさ作り上げてきても、そもそも土台がなんとかできた、ぐいらいです。そこから初めての事をスタートする訳ですから、出来上がったところからスタートする苦労とは雲泥の差で、「心身ともに疲れる」のです(><)しかし、これには必ずついて回るというか、神様がどこかにいるんでしょうかね、、、苦労を報いるような出逢いが必ずあるのです★

                       繋がるかどうかは解らないけど、とっても素敵な出会いがあるような、そんなお問い合わせもありました!!そして、これが優人か☆彡そう思えるような活動を、ごくごく自然体の中で成し得たい、そう思う今日でした(^^)

                      SunMonTueWedThuFriSat
                          123
                      45678910
                      11121314151617
                      18192021222324
                      252627282930 
                      << November 2018 >>
                      Recent Entries
                      Archives
                      Recent Comments
                      Recommend
                      Profile
                      Links
                      Other