blog index

優人日記

優人での出来事や日々感じた事を日記に綴ります♪
<< 認知症は、認知症じゃない | main | 明るい未来 >>
考える、とは考えないこと

 生きるに足りる「尺」を、人それぞれが持っています。短くても長くても。命尽きるまでの過程において、様々な困難が待ち受けているとしましょう。人間は、これに対処するために、被害を最小限に食い止めるために、必死になってその策を考えます。

 でも、そもそも人間以外の動物は、「考えて」「行動する」ということができません。類人種はそうかもしれないのですが、動物的本能は、考えて行動することではない。

 窮地に追い込まれたら、考えずに本能で動く。何らかの障害から人を救いたいな、そう肌で感じる本能は、考えずに、脳が指令を出す。

 「生きる」ことを「考える」過程において、その過程そのものが辛く感じるヒトにとって、考える、とは苦痛なのです。普通、苦痛ならそんな領域には足を踏み入れない。でも、不幸にもいろんな条件が重なった時、踏み入れて修正が効きにくくなってしまい、もがいているヒト達がたっくさんいることの再認識をしました。

 「シアワセ」なんてことを「考える」余裕が無い。話できるヒトもいない。そんなヒトが横にいたら、僕は、考えずに、「本能」で動くでしょう。僕という「尺」がこの世に存在している限り。

| たくちゃん | - | 21:14 | comments(0) | - | - | - |
コメント
コメントする


   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>

bolg index このページの先頭へ