blog index

優人日記

優人での出来事や日々感じた事を日記に綴ります♪
<< 新年のご挨拶 | main | 考える、とは考えないこと >>
認知症は、認知症じゃない

 今日、長女が部活帰りに友達と歩いていた時、大きな荷物を沢山持った高齢女性が立ち往生しており、娘たちが「荷物を持ちましょうか??」と声をかけたそうです。

 おばあちゃんは、「いやダイジョウブです〜」と娘たちに伝えたあと、ちょいと脇道に反れ、娘たちにご自身の特技やお友達のことを話始め、娘とその友達にもこの辺に住んでいるの?とかその他諸々の質問を、永遠と繰り返し、結果1時間以上同じ質問を繰り返し受け、娘たちは半ば、「はよ帰りたい〜寒い〜なんでおんなじ話ばっかすんの〜??」と小声で話し合いながら、でも、おばあちゃんは話を続けたそうです。ようやく話が終わったというか、娘たちが切り出したのか、ようやく帰ってきた、とその時のエピソードを、さっき話してくれました。

 状態だけ聞いていると、所謂認知症状だと感じます。でも、実際接していないから、そんなこと勝手に言えたもんじゃない。僕のそんな勝手な先入観より、誰それ構わず、困っているばあちゃんに二人で声かけて、助けてあげようとしたその姿勢は、特筆すべき、いや当然なのかもしれないけど、僕が中坊の頃ならそんなことしてたやろか??と親バカながら感心したのと、そこに認知症だろうとそうじゃなかろうと関係なく、そう(認知症では?)と思ってしまう僕自身の考え方に叱責を食らわなければならない程、「福祉職」は、ある種「福祉職」であってはならない!!「認知症」は「認知症じゃない」と、そう思える感覚が改めて大事なんやと気付かされた瞬間でした🎵

 

| たくちゃん | - | 20:58 | comments(0) | - | - | - |
コメント
コメントする


   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>

bolg index このページの先頭へ