ダイジョウブ??

0

     3年前の現在で、介護職従事者は約183万人。この時点で供給量に対して約4万人が不足してます、、、まずは〜、ダイジョウブじゃない。。。

     そして所謂2025年問題!!供給量予測が約215万人に対して担い手としては約43万人が不足すると危惧されています、、、更にその10年後、2035年、つまりは団塊世代が85歳を迎える時代、供給量228万人に対して、79万人の人手不足と算出されています。コレ、ダイジョウブ??いや、ダイジョウブやあれへん、、、

     2000年スタートの介護保険施行以来、平成18年施行の介護予防もどっか行ったし、権限移譲され、同年以降作れ作れという風潮の中、次々に出来上がった小規模多機能やグループホーム、更には今やもう忘れ去られたでしょう高齢者円滑住宅などが始まり、でもこれも言うてる間に姿を消し、次は高専賃、そして次はサ高住、宅老所事業はほぼ有料ホームの届け出義務の中、制度の中に吸収されてしまい、そして今年度の、障害サービスと共存できる共生サービス開始、実践したことのない民間事業者による児童デイ乱立により事故の多発・・・更にはデイに大打撃となった法改正による一部の報酬減、加算を算定することで持ち直すという仕組み、、、、、訪問に至っては何ら変わりのないこの改正、、、全体的な報酬としては0.0数%の微増になりましたが、これが何か!?です(><)

     更に、この年代別問題においても、国家資格やヘルパー資格でなくとも従事できるとうサポーター養成が始ったり、「要介護者が0になれば」なんて何目線か解らん物凄い発言をしたドエライさんがいてたり、更には要介護者が0になれば、高齢者は自らの娯楽や交通費、生活費や被服類等に費やす経済算出までやっちゃって、117兆円だとか、、、一体この算出に何の意味があるのか??介護職の手取り一体ナンボ思てるの??そら、ナンボ介護業界つったって、どこぞの法人役員に該当する方たちは、汗たらさなくなって役員報酬が入ってくるんですもの。。。この領域になるともうはやふくしじゃないですよね、、、現場の方はどれだけ低い報酬でやってるの(”−””)いやホンマに、、、18年に打ち立てた介護予防はいずこへ!?元気高齢者を作るって、モノやないんやから。。。まぁそもそもこれもホンマよーわかりませんでしたが、、、一体介護保険というか、福祉業界は何処へ向かい、何処を終息地点として、見据えているのか??

     要介護者が0になればエエの??介護の手間は少なれど、共生型サービスもエエけど、その隙間の人達は??障害者さんの65歳問題は??住み慣れた場所で、所謂サービスを受け続けて一部の自己実現をすることだけが、地域密着??

     ダイジョウブ??特に在宅の中心を担うヘルパーさん、「今」足りてないよチャペル

    Comment

    Trackback

    この記事のトラックバックURL :
    << みんな頑張ってる | TOP | 少しずつ >>
    SunMonTueWedThuFriSat
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
    << October 2018 >>
    Recent Entries
    Archives
    Recent Comments
    Recommend
    Profile
    Links
    Other